『夜驚症①』の続きです。

調べて出てきた夜驚症の症状は大体こんな感じでした↓↓↓↓↓(他にもあるかもしれませんが…)

  1. 主に2歳〜6歳で起こる一時的な疾患
  2. 睡眠中突然、怯えたようなさけび声、悲鳴、泣き声をあげる
  3. 目を見開く
  4. 急に起き上がる
  5. 身体を激しく動かしパニックをおこす
  6. ベッドから逃げ出そうとする
  7. 寝てから2〜3時間の「ノンレム睡眠」で発症
  8. 症状が5〜15分ほど続く

この中だと、メーメーズに当てはまるのは『5』以外全部(゚д゚)!

特に長女&三女が頻繁でした。

まず、寝始めて2〜3時間で突然始まります

なんの前触れもなく、突然叫びだす(;_;)

そして、全身を使って肩辺りまで大きく脚を振り上げて、下に打ち付けます!!

これを何度も繰り返して、とにかく暴れまわります

声をかけても覚醒することはなく

抱っこをしようとしてもとにかく暴れて危ない。

目をあけてこっちを見ている感じがしても、目が合うことはなく

私越しに遠くを見て、猛烈に何かに怯えている感じで、とにかく泣き叫びます(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

その様子は

『まるで狐にでも取り憑かれたかのよう』

でした😱

そして、長女か三女のどちらかが暴れ出すと、

伝染してもう一人も同じように暴れ出し、

その大騒ぎに驚いた二女も泣き始めます

もう、地獄絵図

ドゴーーーーーンッ!!

バターーーーーーンッ!!

ぎゃああああああーーーーーっ!!

夜中に突如始まる阿鼻叫喚の地獄絵図。゚(゚´Д`゚)゚。

3人が泣き叫び、全力で暴れまわる・・・

もうどうすることもできないんです。

これが、メーメーズの夜驚症の様子です(T_T)

これにどう対応したのか・・・

『夜驚症③』に続きます☻☻☻

ちきり

未年に生まれた三つ子の娘達の母。
3色展開されているものや、3つお揃い、ラスト3つのものを見ると、勝手に運命を感じて手に入れたくなってしまう癖がある。
毎日三つ子にまみれながら生活している。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です